お金の借り入れの際の注意点や有利な裏技


職業・収入・債務額は関係なく借り入れでます

審査に自信がない人も、これなら大丈夫。
クレジットカードがあれば誰でも利用できます。

クレジットカードで借り入れ【ショッピング枠があればOK】


借り入れが初めての方には銀行カードローンから

利率が安いので返済が楽になります。
保証人や担保も不要で申込ができます。

銀行カードローンで借り入れ【保証人なし無担保でも限度額500万円】


土日に急遽お金が欲しいけど入金出来る?

土日でも1時間で借り入れすることができる。
在籍確認は後日になり先に振込してもらえる。

土日に借り入れ【在籍確認が後回しで限度額が低い】


上手にお金を借り入れをすることによって安定した生活を送る裏技

借金を作らないで生活をすることは難しい

現在、相当特殊な職業でお金を稼ぐか宝くじなどに当選するなどにしない限りローンを組んだり借り入れをせずに生活をしていく事は難しいでしょう。 家や車を購入する際にはもちろん、クレジットカードでの買い物も含めほとんどの方が言い方を変えれば多額の借金がある状態で生活をしていることになります。 またバブル崩壊後ずっと不安定な経済の中、リストラや給料の減額、ボーナスカットなどが行われることも珍しくなく日常茶飯事になってきており大手企業でも倒産はないとは言い切れない状況が続いています。 それだけでなく東日本大震災のような自然災害がいつ起こるのかわからなく、安定した生活をすることは非常に難しいと言えます。 銀行のカードローンだけでなく、手持ちのクレジットカードや消費者金融などお金を借り入れをするあまり知られていない裏技はたくさんあります。 当惑するかもしれませんがそれを上手に活用する事は我慢をし過ぎたり長い目で見て過度なストレスにならない豊かな生活を送るための重要な要素に将来的に今後はシフトしてなっていくでしょう。

ブラックOK お金

銀行のカードローンの審査とその利便性

約50%が審査に落ちていると言われています

やはり金利の面や大手銀行の安心度や信頼の安定感という意味を考えると一番最初に借り入れ先として考えるのが銀行という事になります。 住宅ローンや車、教育などの目的別ではなくフリーのカードローンを契約できる方は、消費者金融よりもこちらを選択する事が裏技なのではないでしょうか。 ただし審査に落ちてしまって契約できないという層も非常に結果的には幅広く多くいます。 比較的、柔軟になってきていると世間的には言われています。 結局は割合的には既に他社で借り入れがある方が申し込みをすることも多いので半数が審査に通過する事ができない契約をすることができない状態になっています。 やはり現状ではアルバイトやパート、主婦の方の申し込みは多く、最終的に少しでもお金を家計の足しにしたいという状況が伺えます。 総量規制の対象とはならない銀行系のカードローンですが、実際に契約できる低所得の層は少なくやはり消費者金融に流れていってしまう傾向が2013年ではあります。

消費者金融はより身近なものになりお金の借り入れはしやすくなった

CMなどの効果でより身近なものになりました

プロミスやアコム、レイクやモビットなど今テレビや雑誌で広告を見ない日はないと言っていいほどコマーシャルは多くなっています。 役者やモデル、アイドルなどの芸能人が登場する事によって消費者金融=サラ金というイメージは減少していると言えます。 以前のように威圧感のある容姿の取り立てが家に押し寄せてくるという印象はどんどん薄れているようです。 また金利が法によって低くなったことも利用者が増加している理由と言えます。 近所の駅前には必ずと言っていいほど無人契約機やATMが設置され、いつでも簡単に契約ができるようになりました。 最近では無利息期間を設けるなどキャンペーンを実施していたりする事、審査やお金を融資までの対応のスピードなども含めて単発での借り入れの際は消費者金融を使う方が2013年では増えています。

最終的に闇金でお金を借り入れしてしまう方が増えています

審査に落ちてしまい融資をしてくれる所がない

銀行での借り入れを断られてしまい、クレジットカードのキャッシング枠も使い切り、消費者金融でも総量規制の対象となり融資を受けれなくなってしまった方が闇金に流れてしまう傾向が強くなっています。 特にアルバイトやパート、専業主婦などの低所得層がお金を貸してくれる所を探し求めた結果そこに辿り着くようになってしまったということです。 総量規制によって今までは消費者金融などを使ってやり繰りをしていた層がそれができなくなり、行き場を失くしたという結果になります。 一度、利用してしまうと法外の金利によって自己破産や債務整理をしなくてはいけない状況にまでメンタルも追い込まれてしまう事もありますので注意しなくてはいけません。 また返済日が毎週のようにあったり、確認の電話などで精神的に余裕がなくなってしまう事も最悪なパターンとして考えられます。

できる限り借り入れを増やさないという裏技

予め返済プランを考えてから契約しましょう

2013年の現在365日24時間簡単に銀行やクレジットカードでのキャッシングなど借り入れがインターネットやキャッシュディスペンサーやATM、無人契約機などを使用してできるようになりました。 ボタン一つで何十万もお金を手にすることができるようになったのです。 しかし、当然契約すれば金利分も返済しなくてはいけないのです。 しっかりと契約をする前に自分の収入と照らし合わせて返していくための計画を考えましょう。 それができないと、お金を返済するために他社から借金をすることの繰り返しになりいつのまにか金利で追い込まれてしまいます。 確かにカードローンやクレジットカードは便利ですが、利子を規定を守ってつけてしっかりと返していかなくてはいけない借金であることを忘れてはいけません。



このページの先頭へ